プロフィール

ぢる。

  • Author:ぢる。
  • 暴言吐いても笑って許して。
      暑いのも熱いのも嫌い。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋するベーカリー

03 05, 2011 | 映画か行

0 Comments
彼女は 浮気者の夫と別れ 
パン屋を営みながら3人の子育てをしたのよ。立派でしょ。
元夫は若い妻をもらい幸せそうに見えたけれど
彼は まだ小さい子供との生活や
最近の不妊治療で疲れきった様子に見えたよ。
若い女との浮気は面白いだろ。あの俳優は不倫は文化だとか言ったけれど
果たして 幸福とは ソレだけなのかしらね。
離婚後の彼女は1人の生活で 束縛もなく自由に生きられる。
それでも孤独な夜もあるし淋しい日もある。
そんな時 彼女に新たな恋の予感が・・・
夢を実現させるために雇った建築家の彼 と
そして なんと不倫は分化を体現してた あの元夫
私なら速攻で元夫を排除するね。近寄ってくんな バカ。
情に流されやすいのか 夫婦だった頃の気安さからなのか
彼女の決断には驚かされた。えぇーそっちなのー?
ガッカリ。本気でガッカリした。
右往左往しながら 最後の決断には安心半分。つい疑いの目でみてしまう。
彼女の本当の恋は実を結ぶのだろうか。
傷つけた彼との未来は明るいのだろうか。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサーサイト

オーケストラ!

02 04, 2011 | 映画あ行

0 Comments
国の情勢悪化のため 被害を被ったオケのメンバー達。
初老となった彼らが数十年ぶりに集合したワケとは?
その号令をかけたアルコール依存症の元指揮者。
彼の本当の目的とは?
指名した若き女性ヴァイオリニストとの関係は?
彼が企んだ計画には不安要素が多すぎだけど
オケ再生のため集合したメンバーの老いた顔が
本当に嬉しそうで それだけで高揚した様子がうかがえる。
夢のオーケストラは 憧れの地で観客を魅了できるのか?
彼らの力を集結させたハーモニーは
過去に描いた夢を 軽やかに追い越していく。
突っ込みどころは多々あるが いいじゃないか。



にほんブログ村 映画ブログへ

DMC

01 09, 2011 | 映画た行

0 Comments
歌手に憧れて田舎からでてきたネギシくんは
ある事務所の門をたたいてしまった。
地獄の底からやってきたような悪魔のような女社長が牛耳る
デスメタルバンドを育てるための事務所だったのだ。
予想に反して大人気になってしまったネギシくんコト
DMCのボーカルのクラウザーさんは
それでも諦めきれずに 街角で自作の歌を続けている。
そんな中 学生時代の憧れのアイカワさんが通りかかり
2人は再会するのだった。

S女王様キャラのような女社長役の松雪さんが凄い。
パンツみえてるし回し蹴りしちゃうんだから。
軟弱ものネギシくんを𠮟咤激励というよりも
脅して泣かせて従わせる その手段はまさに女王様である。
見た目はデスメタルなメイクしてても心は乙女チックなネギシくんは
そんな生活が耐えられない。
自分の目指す音楽とはかけ離れた世界の中で彼はもがき苦しむのだ。
その姿を蹴倒し奮起させようと企む女王様は
本当のネギシくんの才能を見抜いているのだ(まじ?)。

学生時代の後輩くんに先を越され
恋するあの子はDMCを毛嫌いしている。
悩ましい彼がとった行動は 東京での生活を捨てることだった。

メイクして叫んで暴言吐いて それでも信者達がいる。
その事を思い出した彼は 前を向いて走りはじめる。
これは一体なんなのか。
この映画は強烈な世界だけど 淡いロマンスも含まれて
ラストは大いに笑わせてもらった。
ひよこちゃん可愛い。

やたらとラブリーなのだった。


にほんブログ村 映画ブログへ

続きを読む »

バーレスク

01 09, 2011 | 映画は行

0 Comments
田舎娘が都会で変身するサクセスストーリー(シンデレラストーリー)

主演のアギレラの歌声も素晴らしいのだが
なんたってシェール様がオーナーで出演しており
彼女の抱える苦悩やら 深夜の孤独なリハシーンのほうが
記憶に残っているんだよなぁ・・・さすが貫禄勝ち

あまりに都合良く展開しすぎているので
どっちかっていうと冷めた目で観てしまったので
コレと言った感想もないんだよなぁ

アギとロマンス演じた あのバーテン男子の
アイメイクが不気味だったけど
あの優しい雰囲気は好きかもしれない
しかし 婚約者とハッキリ別れてないのに
次の相手を見つけてるあたり誠実さに欠けるので50点



にほんブログ村 映画ブログへ

フィッシュストーリー

01 10, 2010 | 映画は行

10fish.jpg

2009/監督:中村義洋/音楽プロデューサー: 斉藤和義
伊藤淳史/高良健吾/多部未華子/濱田岳
森山未來/大森南朋

1975。売れないバンドの最後のレコーディング。
逆鱗のフィッシュストーリーは世界を救うんだ と
夢物語ののようなストーリーを語る男達。
1982。友人2人と出かけた男は 車を運転しながら
曰く付きのカセットテープを聴かされる。
合コンで出会った女が言った。
あなたは今夜運命の女性と出会う と。
2009。修学旅行の船の中で寝過ごした女学生は
そこで出会ったコックの生い立ちを聞かされる
彼は 正義の味方になりたかったと言う。
その後 その船はシージャックに遭ってしまう。
2012。あと5時間で彗星がぶつかり地球は滅亡する。
そんな時レコード屋にやってきた不思議な男は
店員と客に向い暴言を吐き続ける。
あと10秒。宇宙へ向った正義の味方5人。
1人の数学者が世界を救った。

この物語がどこへ向うのか。
それは果てしなく夢想の世界に生きてるような話だが
世界が救われた瞬間 やっぱり嬉しかったのだ。
この映画を通して流れ続ける あの歌。
あの切なく胸を焦がすような セクシーな声音が
耳に残ってはなれやしない。
高良くん がんばって練習したんだって。
あのボーカルがあったからこそ
この映画は活きているのだと感じた。

フィッシュストーリーとともに
過去から現在へと繋がっていく
不思議な運命を担った人達。

まぁ この歌詞は聞き流しても問題無し。
あのリズムだけで充分に映画は走れるのだから。




にほんブログ村 映画ブログへ

ウルヴァリン X-MEN ZERO

10 04, 2009 | 映画あ行

観てきた。いつも通りキャラメルポップコーン持って。

ウルヴァリンの記憶がなぜ消えていたのか とか。
彼の家族や兄弟や恋人のお話 とか。
彼の過去は どこまで遡ればいいのか とか。

今までの X-MENシリーズとは違って
彼の生い立ちや 不死身のウルヴァリンになるまでの
経緯がメインだからかなぁ 説明っぽい内容だったねぇ
まぁ 謎が解明されたので それなりに満足かなぁ。

ローガン(ウルヴァリン)と兄との関係や
彼の恋人だった女性の死の疑惑やら 
探し出し 生け捕りにされたミュータント達のことや
隔離された あの場所でどんなモノが製造され
彼らが ミュータントをただの実験材料にしてたんだなぁって
その事実は あまりに酷いよね。
トランプマン(別名あり)カッコ良かったなぁ。
彼はその後どうなったんだろう。

あとさー エンドロールは最後まで観ましょうね。
アッ という続編に続きそうな展開が・・・。


あの女性が出てきた時には驚いたな。
やられたぁ・・・って感じだったね。ローガン可哀想に。

次回作は 日本だって?まじ?やめた方がいいよ?
アメコミだからって 何でもありなんだろうが
その展開は 日本ではOKでも
ハリウッドでは転けそうじゃん・・・。やめてぇー!


にほんブログ村 映画ブログへ

ホノカアボーイ

07 20, 2009 | 映画は行

2009/監督:真田敦
岡田将生/倍賞千恵子/長谷川潤/喜味こいし/松坂慶子
正司照枝/蒼井優/深津絵里/吉田玲雄

道に迷ったレオと彼女。
迷い込んだ小さな町がやたらとレオの心に残ってた。
半年後 彼女と別れたレオは
その町の映画館で映像技師の仕事をはじめた。

出会いと別れの思い出。あのひと時はレオの大切な宝物。

くすくすと笑う。
やたらとエッチーな爺のティシャツとか。
レオの出会った お年寄りや町の住人達とのかかわりや
優しいホノカアの風を感じる情景に心が温かくなった。
ビーとの出会いは年齢を越えたものだよ。
あの時 ビーはレオを大好きになって
誰かを愛おしむ気持を思い出して レオのために
美味しいご飯を作り続けたんだろうな。
若くて未熟な男の子だった恋するレオの言葉や行動は
ビーにとっては ほんの少し心が痛んだけれど。

マライア それでもあの彼氏が好きなんだ・・・。
彼との喧嘩の合間にレオと出会って
レオとビーの間に ふっと現れた彼女を
ビーがどれだけ羨んだか。
そんなところは 幾つになっても
女性は変わらないのかもしれない。切ない。

ビーの気持は きっとレオに届いているよ。
若い頃のレオには気がつかなかったかもしれないけど
今のレオの心深くに きっと届いてると信じたい。

笑って 笑って 少し涙がでて。

糸でんわの赤い糸が
またいつか2人を繋げてくれますように。

著者の吉田さんは 倍賞さんに会った時
ビーと言って 泣きながら抱きしめたとか。
そこに 確かにビーがいて 
ぎゅっとレオを抱きしめていたと思うのよ。
小泉さんのエロボイス(斉藤さんが言ってたな)の流れる
エンドロールにも 美味しい写真がたっぷり。
小泉さんは昔から吉田さんを知ってて
ビーさんにも会ったことがあるんだって。

これは大切な映画なんだろうなぁ 彼にとって。

さっそく文庫本を読んでいる。


この映画のオフィシャルサイトが これまたいいんだよ。
http://www.honokaa-boy.jp/


にほんブログ村 映画ブログへ

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。